解説

 わたくしの職業は活性化コンサルタントなのですが、同時に起業家でもあることから、今多くの人が起業、

わたくしの推奨する小企業起業しなければならない時代に置かれていることを知ってほしいと思っています。

​その詳細は、次ページ・『創職』にてご説明しています。

 1945年東京で生まれ、1967年商社就職と同時に茨城営業所に配属され、その後およそ50年を過ごしまして現代に至っています。その後アメリカ企業の東北・北関東の総括職に転職し、欧米・アジアにてプランニング基礎を学ぶ。

 1990年水戸に《活性化研究所》を開設。以来地方地域・地方企業の活性化業務、及び地方学生の就職支援など、広い分野の方々に活性化コンサルタント業務を推進してまいりました。 現在はネットでMail・Skype・Lineにて、広い層の方々へのご相談業務推進中。​その内容を出版物にてご紹介しています。

徹夫2.jpg

日本経済新聞

このころより

①年少時から職業訓練を=スポーツ選手に学ぶ

②親の変身=活性化意識

④大学生は適正確認経験を=インターシップ推薦

⑤短大と専門校での意識活動

⑥フリーターになる前に

⑦リストラされたら  

⑧定年後の働き方

⑨独立希望者へ

など就職氷河期の活性化策を熟考できたことが、現代にまで活されていると思っております。

茨新.jpg

茨城新聞

stop.jpeg
石破さんバナー.jpeg
県都水戸x.jpeg
小学校の先生2.jpeg
wakahyo2.jpeg