今と昔の大きな変化

 日本の経済は高度成長時代を終えまして、その後長く低成長の時代に置かたまま現在を迎えています。そんな時代に働くことって、大層難しくなっていること。そう言えますのは、日本の企業社会、いや日本の企業が大きく変わってしまったからなんです。


 旧い人間ですから昔の話しちゃいますけど(ここが今大事)、昔の会社ってそのほとんどが従業員に優しかったんです。だからそれらの会社ほとんど全員終身雇用でありましたし、残業代はもちろん退職金も年金も従業員の納得できる形で接してくれたんですネ。

 まあ時代の背景もありますけど、今その時働いていた人たちが、《逃げ得・勝ち組》と言われていることはご承知の通り。


 しかしその後低成長の時代になりましたら、日本企業は大きく変わった。それは従業員に対して思い切り冷たく接するようになったんです。その変化が、現代の非正規社員を増大させたことでご理解頂けると思います。

 ここが大事の昔のお話知りませんと、今の人は全員冷たくなった会社としか付き合えないことに。結果これからの人は、《負け損・逃げ遅れ組》と言われる所以となってます。


 そしてですよ、その傾向は今に至ってより進み、現代企業の半分近くが違法残業をしているという事実。これは大企業であっても同様で、以前女子社員の自殺まで招いた大企業ありましたことでお判りだと思います。


 

 さあ、そんな従業員に不親切になってしまっている企業ばかりの時代にあって、あなたはどんな働き方を思考したらよろしいでしょうか。日本の企業が大化けしちゃったと言える程変わっちゃったんですから、従業員側も意識変えないと貧乏くじ引くことになりますよ。

 ご一緒にこれからの働き方考えましょ、わたくしは従業員の皆さんの味方です



 

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示