このままじゃダメかも?

コロナが昔に戻した? 

 コロナによってズタズタにされた世界、多くの国民が感じられたように、我が国も改めて政治家の貧困さを知らされた年でもありました。桜を見る会は言うに及ばず、時の総理大臣が旧態依然の派閥人事で決められてしまうとか。

 結果はどうあれ、小泉内閣のような総理大臣が生まれたこともありましたり、野党が政権取ったこともありました。しかししかし、またまた自民党政権のやりたい放題に逆戻り、まるで進歩のない国であることを内外に知らせることにもなりました。


 以前にもお伝えしましたが、75年生きてきて今ほど政治に残念な気持ちになったことはありません。もちろん過去の池田さん・田中さん、小泉さん・細川さんらの全てが素晴らしかったとは申しません。しかし彼らには、その都度大きさに違いはあっても期待感を感じられましたもの。しかし現在は、期待感など微塵も感じられません。


民度なんか高くなくてイィ

 多くの方が指摘されるように会食自粛を国民に促し、その張本人がやりたい放題では、国を代表する者としての説得力がありません。その行動に従うのがあの方の言う

「日本人の民度は他国と違う」

なのでしたら、民度なんか高くなくてもイィと思えます。


若者が大変になる

 75歳の後期高齢者にとりましては、

「期待できない世の中が続いてもイィっか」

なんて思わなくもありません。しかししかしわが子供のこと、=若者たちのこと考えますとそうとばかりは言えません。

 それはこれからの若者の立場は、低賃金・非正規社員化今まで以上の格差社会に追い込まれる可能性が大きいですから。そこからなんとか抜け出せる方法ご提供したいと、無い知恵絞っております毎日。


コロナは止められない

 今の国のやり方見てたら、国民誰しもそう思うでしょう。やるんだったら

・1ヶ月間一般国民の移動行動停止、その間旅行も遊びも禁止して終息度を測る。もちろんその間の収入保障はする。また

・全てを国民の民度に委ね、Gotoなどの策を講じることなく終息度を測る

どちらかを実施しても相応の問題は起こるでしょう。しかし人が動かなければ感染しないことだけは間違いないんですから、結果を次の対策として活用可能だと思うんです。


 がしかし、現在の国は《二兎を追う者は一兎をも得ず》状態ですし、アクセルとブレーキを一度に踏んだら車は回転しちゃうものなんですから、今のままを続けてたら終わりがないことだけは判ります。

 そんな国のやり方見てますと、もうダメになっちゃうかもしれないの疑念が湧いてきちゃうんです。こんな国の所業に身を任せなくてはならない国民としては、次のための冷静な判断が求められると言えるでしょうか。

 


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示