新時代のアスリートへ

 オリンピックの延期及び中止予測で、国民のスポーツに対する関心が減少してしまうのではないかと心配しています。さらに競技会という競技会のほとんどが中止ないしは無観客で進められていることも、スポーツ人気低迷につながるのではないかとさえ思えます。 

 我が国で最も人気のある野球界も野球人口の減少が不安視されており、コロナによってよりスポーツの関心が低下したら、アスリートのセカンドキャリアにも影響してしまう。それは一定数現役を引退する選手が発生しているのに、選手を目指す子供が減少したら教える相手がいなくなってしまうことになるからです。

​ この状況は現実化しており、各スポーツ界では引退選手のセカンドキャリア形成に力を入れています。しかし指導者増と選手減のアンバランスはこれからも進みますから、選手一人ひとりの、より一層の努力が望まれているとも言えます。

 わが娘プロゴルファー、現在ツアープロとしての現役を終えて指導者の道を歩んでおりますが、スポーツの人気低迷は当然ゴルフ界にも及ぶでしょう。そこで娘のゴルフ界を含めた現役引退選手に、これからのスポーツ選手の行動として、スポーツの道のコンサルタントを目指してほしいと考えています。

家.jpg

 その具体的な活動としては、必ずしも経験してきた種目の指導者にこだわるのではなく、これまでやってきたスポーツ経験・知識をベースに、新たな資格やスキルを磨く。その上で、これから望まれるスポーツの道のコンサルタントとして、生まれ変わってほしいと考えています。

 もはや時代は、ゴルフ・野球・サッカーの指導ができるだけの指導者など望まれなくなる。それぞれの種目指導もさることながら、その指導者に接することで、種目以外の多くの知識取得や人間性の素晴らしさが求められるようになること知って下さい。そんな指導者になるためのノウハウを、謹んでお伝えすることをお約束致します。