仕事がなくなる

なくなるのなら創れば良い

これからは自分の仕事は自分で創る時代

創職意識.jpeg

仕事創りセミナー開催のお知らせ

 今飲食業・宿泊業の多くが、コロナと国の指針で閉店・倒産を余儀なくされています。いつ収束するか判らないコロナの状況は、時がたつほど全国の飲食店や宿泊施設を疲弊・消滅させてしまうことになるでしょう。

 そこでわたくしの創職論《なくなるなら創れば良い》の意識で、この時代ならではの飲食店・宿泊施設の創業・再生のノウハウと合わせて、労働者一人ひとりがかなう職の創造に関するノウハウをもご提供します。

 さらにコロナがオリンピックを中止にさせた場合、アスリートの価値を低下させることを想像して、アスリートのこれからの自分の活かし方(創職法)に付いてもお伝えする予定です。

 以上のように本セミナーでは、

これからの時代に通用する新飲食業開設・飲食店再生計画

宿泊業新顧客獲得の企画案

コロナ禍に考える地方観光の新案

​・アスリートの価値観アップ提案

労働者個人への創職に関する資質アップ相談

さらに加えて上記の業務をクライアントに提供する

創職コンサルタント

地方創生コンサルタント

育成内容も含んでいることをご理解下さい。

 この2つのコンサルタント職になることをお奨めするのは、本二職はこれから全国で求められる業務として確立する可能性が高いからです。

 コンサルタント職を端的に言ったら『相談者』、これからは職に関する相談者の必要性が大きく伸びるであろうことを知っておいて下さい。

スマホご覧の場合は、携帯メニューからどうぞ

地方創生コンサルタント職は不足状態

これでは

多くの市町村が消滅して

日本人が故郷を失うことに

地方創生政策とは国家プロジェクト

多額の予算が投入されています

 

 

は誰でもなることが可能です

学習しませんか?

副業として

定年後の職業として

田舎暮らしの兼業として

地方創生コンサルタント職は不足状態

これでは

多くの市町村が消滅して

日本人が故郷を失うことに

地方創生政策とは国家プロジェクト

多額の予算が投入されています

 

 

は誰でもなることが可能です

学習しませんか?

副業として

定年後の職業として

田舎暮らしの兼業として